社会人には楽天カードより楽天ゴールドカードがおすすめな理由

楽天経済圏

どうもはじめまして!らくらく投資家ブログの”たか”と申します!!

社会人には楽天カードより楽天ゴールドカードをおすすめとしています^^;
なぜ楽天ゴールドカードの方がオススメなのか記述していきたいと思います!

楽天カードと楽天ゴールドカードの違い

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いは下記になります。

楽天カード 楽天ゴールドカード
楽天市場(SPU) 3倍 5倍
年会費 永年無料 2200円(税込)
空港ラウンジ ○(年2回まで)

主な違いとしては、楽天ゴールドカードでは年会費がかかることと、楽天市場での買い物時にSPUポイントアップが楽天カードと比べて2%高いことです。

下記のグラフは楽天カードと楽天ゴールドカードのポイント取得グラフになります。

グラフから見ると楽天市場で年11万円以上利用すると、楽天カードより楽天ゴールドカードの方がお得ということが分かります^^;

でも楽天市場で年11万円も使わないな、、

もともと楽天市場ユーザではなく、あまり楽天市場で買い物をしていなかった方もいるのではないでしょうか?

僕自身も元々Amazonユーザーでした^^;

 

 

ではなぜ社会人は楽天ゴールドカードの方がお得なのでしょうか?

楽天市場ではふるさと納税が利用できる!

まずふるさと納税とは、

  • 自分で選定した自治体に寄付をし、地域の名産品やお礼品を受け取ること
  • 自己負担金2000円で自治体は複数選択可(#寄付額の上限有り)
  • 翌年度に所得税や住民税の還付・控除が受けられる

下記のサイトで寄付限度額のシミュレーションができます(*´ω`*)

控除上限額シミュレーション | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]
いくらまでふるさと納税の寄付ができるか寄付の上限額が簡単にわかる機能です。計算シートや目安表を使って、ふるさと納税の控除額を調べることができます。控除額を把握しておけば、効率的にふるさと納税を楽しむことができます。

このふるさと納税を楽天市場で行うことが出来ます!

また楽天市場でふるさと納税を行うとSPUポイントアップも対象となりますので、ポイントも貰うことが可能です!!

仮に年間給与収入が400万円の独身の場合だと、4万円まで寄付することが出来ます。

ゴールドカードの利益点である年11万円の内、4万円をふるさと納税で占めることができ、残りが7万円となります。

なので楽天市場で月5834円or年70000円利用することができれば、いいのです!!

僕自身は、月に朝ごはんのプロテインバーやおやつ、玉ねぎ等の

日もちのいい野菜を主に楽天市場で買っています!!

 

そもそも年会費が安い!!

楽天ゴールドカードはそもそも他のゴールドカードに比べて、年会費が2200円(税込)と安いです!!

クレジットカードの有効期限が5年間のため、年会費2200円×5年 = 11000円でゴールドカードが持てます。

また空港ラウンジサービスも年2回受けることができますし、ETCカードも無料で持つことができます(楽天カードでもプラチナ会員orダイヤモンド会員の方は無料で持つことができます)。

なので、社会人であり、これから楽天カードを検討されている方は楽天ゴールドカードを持つことをオススメします^^;

#副業の楽天ポイントせどりにも派生しやすいですし^^;

 

また今現在、楽天カードを所有している方は、ゴールドカードへは切り替えになります。期間限定で切り替えキャンペーンをやっていて、楽天ポイントがもらえますので、そのタイミングで切り替えることをオススメします^^;
また切替時はクレジットカード番号も変わりますので、楽天カードで定期(クレジットカード登録)支払いしているサービスは変更できるように準備しておきましょう。

 

以上、参考になれば嬉しいです。(*´ω`*)
今後ともよろしくお願いします!

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました